男性下着のお洒落について

下着のお洒落アイキャッチ画像

下着のお洒落なんで、別に人に見せるわけでもないのだから、自分さえ良ければ何でも良いのではないかと考える男性がおられます。

そのような人は、下着にお金をかけること自体が信じられないと言われます。

それはそれでその人のポリシーであり、全く否定はしませんが、このサイトにお越しになった男性は、そもそも違うのだろうなって思います。

下着のお洒落は、高度に成長した国の文化なのですから、是非とも楽しみたいものです。

下着のお洒落は誰の為?

そもそも下着のお洒落をする人は、誰の為にお洒落をするのでしょうか?

例えば、下着のお洒落なんて殆ど考えたこともないような人でも、自分の下着姿を多くの人に見られるようなシチュエーションが想定されれば、普通の人であれば、少しでも見栄えの良い新しい下着を着用しますよね。

何故だかわかますか? それは、服同様下着もその人の生活水準を映し出していることを知っているからで、貧相に見られたくないからです。

多くの男性は、下着のお洒落に関しては無意識で、貧相に見えさえしなければOKなのです。

下着は洋服と違い、外からは見えませんので、他人の評価を気にする必要もなく、自分のポリシーに於いて選ぶわけですが、そこには十人十色の考え方があり、どれが正しいってことは一切ありません。

下着のお洒落に気遣う男性は、特に他人を意識すると言うより、自分らしいたしなみとして、お洒落をしているのではないかと思いますので、若い頃からお洒落な下着を身に付けている人は、中高年やシニアになっても、それは続くのではないでしょうか。

下着のお洒落は、洋服のお洒落と同様、人としてのたしなみで、高度に成長した国の文化だと思っています。

下着のお洒落って一体何をすること?

普通の人は、特別な日に着用する下着と、普段着用する下着の2つのカテゴリーで分けています。
その分け方を見ると、新しいか古いかの違いがあるだけのことが多いです。

新品か使用しているかの違いであったりすることもあります。

私の若い頃は、デート用、旅行用、外出用、仕事用、休日用の5つのカテゴリーで下着を揃えていましたが、現在ではデート用がなくなり、外出用、旅行用、仕事用、休日用の4つになり、それぞれのシチュエーションで最適なものを選んでいます。

このように、どちらもシチュエーションでの履き分けを行っていますが、新しいか古いかの違いで履き分けているだけの人はお洒落だとは思いません。

また、有名外国ブランドの高価な下着ばかりを履いている人もお洒落だとは思いません。

服もシチュエーションで着替えるように、下着もシチュエーションで履き分けを行うことを、下着のお洒落をすることだと自分では定義しております。

例えば仕事でスーツを着た際には、デザイン重視ではなく、機能性重視の下着を着用することであったり、遊びに行く際は、自分が楽しい気分になるようなデザインや奇麗なカラーの下着を着用するといったようなことです。

そして、外出時のシチュエーションでは、人に見られて恥ずかしい思いをするような下着を決して着用しないことでしょうか。

何故かと言えば、突然来たチャンスを逃さない為です。(残念ながら今の私にはもうありませんが)

私がこのサイトを立ち上げた15年ほど前は、まだまだ下着のお洒落をする男性も限定的でしたが、この頃から、下着のお洒落を気にする男性が徐々に増えていったようです。

私のおかげ?? と思っていますが。(笑)

新しいブランドメーカーの参入も多く、リーズナブルでお洒落なデザインの男性下着をどんどん発売していったことも影響しているのかも知れません。

男性下着のお洒落をしている人の特徴

  • 何かと奇麗好き
  • どちらかと言えば外見は中性的
  • 洋服もお洒落っぽい
  • 若々しい
  • 女性の下着へのこだわりも強い
  • 下着に限らず何かとこだわるところが多いかも?!

今回はずっと控えめに書きましたが、こんな傾向があるのではないかと思います。

お洒落なあなたは、どんな特徴がありますか?
是非教えていただきたいと思います。

女性に「ドン引き」されない男性下着とは

安いものがダメだとかそういったことではなく、主に清潔感が保たれていて、奇抜な下着でなければ「ドン引き」されずに済むことでしょう。

どんなに高価な外国ブランドのパンツを履いていても、最高にデザイン性が高いお洒落なパンツを履いていても、お手入れが悪かったり、履き古してあったり、サイズが合っていない場合は、「ドン引き」されます。

例えば、車に殆ど興味がないのに、外国製のスポーツカーに乗って、粋がっているような輩と同じですね。
そんな人に限って、車のお手入れはなおざりになっていますので、突然のトラブルに見舞われたりします。

普通の感性の持ち主の女性から「ドン引き」されない為の男性下着ファッションで注意することは、下記の1~9のようなことでしょうか。

順番は特に重要度を表してはおりません。

  1. 局部を極端に目立たせるようなデザインのパンツではないこと
    特にビキニやTバック、ストリングのようなセクシー系は絶対に履いて行かない。
    相手の好みが分かるまでは、ボクサーブリーフタイプにして様子を伺う。
    柄は、あなたが若ければ爽やかな柄、中年であればシックな柄、シニアであれば生地が高価な無地で、どの年代層も色や柄が分からなければ黒色の無地をお勧めする。
    トランクスでも悪くはないが、質が良いものが良い。
  2. 履き古して全体が伸びきっていないこと
    特にウエストゴムが伸びていたり、繊維に織り込まれているポリウレタンが劣化して伸びていると貧乏くさく見える。
  3. 太もも部分の繊維が伸びていていないこと
    男性の一物を、パンツの前開きから出さず、手を左右どちらかの太ももの部分からパンツの中へ入れて取り出している人は、左右どちらかの太もも部分の生地が伸びているのですごく見苦しい。
  4. 体にフィットしていること
    格好が良いフィットボクサーでも、サイズが体系に合わず、少しでもだぶついた様は見苦しい。
  5. 毛玉や綿埃がついていないこと
     だらしのない生活感が出ていて超格好悪い。
  6. 白の下着だったら黄ばんでいないこと
    黄ばんだ下着はダサさの象徴!、生理的に受け付けてもらえない。
  7. 清潔であること
    排泄物がうっすらでもついているところが見えると興醒めするので注意する。
    冬でも2日以上続けて身に付けていると脂臭がしみつているので避ける。
  8. シャツもお洒落であること
    カジュアル用途なら、シャツは一目で下着とわかるようなものは着ない。
    逆にスーツのカッターの下に、Tシャツのようなカジュアルっぽいものは着ない。
    パンツをお洒落にしたら、シャツもお洒落にしないとアンバランスである。
    お洒落なパンツに長袖の綿の白いシャツは絶対に合わないので注意する。
  9. 子供の頃の価値観を引きずるような下着は履かないこと
    股上が長い白の前開きのブリーフパンツや漫画キャラクター柄のパンツなどはセンスを疑われるので避ける。

ちょっと考えすぎな点もあるかもしれませんが、これさえ守っていれば、女性から「ドン引き」されることはほぼ無いでしょう。

経験上、こう言った上辺のことで人間性を判断しない女性も存在します。
精神的に成熟した大人の女性に多い気がします。

最近では、私も歳をとったせいか、そう言った女性の方が好感度が高いのです。(笑)

正直、下着で嫌われることはあっても、下着でモテることは絶対にあり得ませんから。